横浜で『トーベ・ヤンソン展 ~ムーミンと生きる~』開催 / フィンランド航空が協力

mumin

ムーミンは恥ずかしがりや。「こっち向いて」と言ってもモジモジしている架空の生物! カバのようであり、モチのようであり、とにかく不思議でかわいい存在である。

そんなムーミンの作者トーベ・ヤンソン氏の生誕100周年を記念し、日本で大型巡回展を開催することが決定した。もともとムーミンはフィンランド生まれの作品だが、日本でも絶大な人気を誇る作品。今回の展示会は、全国からムーミンファンが大勢集まる一大イベントになりそうだ。

このムーミン展覧会には、フィンランドを代表する航空会社・フィンエアーが協力している。フィンランドの魅力ある作品に触れられる、貴重な機会になる事は間違いない。

「初公開の作品を含む「ムーミン」シリーズの挿絵原画のほか、トーベの油彩作品約50点や『不思議の国のアリス』をはじめとする小説の挿絵など、約400点を展示いたします。また会場には、トーベが1964年から1991年までほぼ毎年夏を過ごした手作りの「夏の家」を再現します」(フィンエアー)

トーベ・ヤンソン展 ~ムーミンと生きる~
神奈川県横浜市西区高島2-18-1 そごう美術館
2014年10月23日~11月30日
10:00~20:00
最終日は17:00に閉館 / 入場は閉館の30分前まで

記事: PHOTRIP(フォトリップ)http://photrip-guide.com/
Via: トーベ・ヤンソン展 ~ムーミンと生きる~

Photrip

フォトリップの最新情報を受け取る