シンガポールで楽しむバングラデシュと北インドの料理 / 1ドルのチャイでまったり過ごす

bang8

シンガポールは東南アジアのなかでも景観が美しいことで有名な国ですが、多民族が住む国としても知られています。特に華僑やインド系の人たちが多く、リトルインディアやチャイナタウンがあるほどです。

特におもしろいのがリトルインディア。インドのカオスな雰囲気がありながらも、秩序が守られた治安の良い地域なので、世界中から観光客が集まるスポットになっています。もちろん、多くのインド料理店がありますが、現地人が昼間からまったりと飲み食いして過ごす、ほぼ現地人しか使わない飲食店があります。

bang10

bang9

バングラデシュと北インドの料理を食べられる『MAKAN JUNCTION』です。ここでは絶品な煮込み料理(日本ではカレーの一種とされていますが)やサモサ、チャパティ、そして本格的なチャイが堪能できます。

bang11

bang5

でも、シャレた雰囲気なんてまったくありませんので、リゾート気分だったりツアー気分で行くと「なんだこれは!!」と思うかもしれません。だだっ広い整備されてない空き地に併設されている『MAKAN JUNCTION』は、見た目としては公演の売店のようにも思えます。

bang3

bang4

しかし、その味は現地人のお墨付き。チャイは練乳がたっぷりと入った独自のテイストですが、インド系の現地人がいうには「これもインド流のひとつ」なのだとか。おいしければなんでもありなんでしょうね。

bang2

bang1

チャパティは1ドル、サモサは1.5ドル、チャイは1ドルです。ここでカレーとチャパティを食べつつ、食後にチャイを飲み、ゆっくりとスマホや本を読む。そんなインド系の人たちがたくさんいました。なんとも優雅なひとときですね。

bang6

bang7

MAKAN JUNCTION
31 Desker Rd Singapore

1.309486, 103.854801
Google Mapで開く

記事: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com/

Photrip

フォトリップの最新情報を受け取る