Peachが羽田初上陸! 関空~台北は1日3便に!

tbn_hndtpe_launch_20150625_jp

Peachは8月7日から、東京羽田~台北桃園線の新規展開と関空~台北桃園線の増便を同時に発表しました。近日中にWebサイトで航空券の販売を開始するとしています。

《8月7日から有効》
MM029 KIX2105~TPE2255 月曜除く週6便運航
MM022 TPE0915~KIX1255 火曜除く週6便運航

《8月8日から有効》
MM1028 TPE0030~HND0445 火曜除く週6便運航
MM1029 HND0555~TPE0830 火曜除く週6便運航
(機材はエアバス320 普通席=エコノミークラスのみ180席)

羽田~桃園線は、Peachにとって初めての羽田空港路線です。ハブ空港の関空や那覇からの国内線ではなく、国際線での参入としたのは、早朝深夜時間帯の国際線の発着枠に空きがあるためで、台北桃園を発着地に選んだのは、関空・那覇からの既存路線のネットワークが生かせるのが最大の理由に他なりません。その証拠に、現在毎日2便運航している関空~桃園線もセットで増便するのは、羽田線の機材繰りを兼ねています。

井上慎一CEOは発表記者会見の席上、「羽田発は朝5時55分と早いため、東京・神奈川両都県の主要駅を午前3時台に発車する早朝バスでの羽田入りを想定している。これなら午前4時過ぎには羽田国際線ターミナルに着ける」と述べています。

なお羽田便は時間が時間だけに、桃園空港で他のLCCに乗り継いで東南アジア諸都市へ移動するには使いにくく、メインターゲットはあくまでも日台間の単純往復。バックパッカーが利用するには、台湾である程度の滞在をする旅程が必要になってきます。

MM1028便には、セブパシフィック312便でマニラ、クアラルンプールからはAirAsiaX 376便で同日乗り継ぎができますが、セブパシ312便は週3日しか運航していないため日程を考える必要があります。

もっと詳しく読む: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com/2015/06/27/peach-2/
執筆: Traveler’s Supportasia http://supportasia.blogspot.jp

Photrip

フォトリップの最新情報を受け取る