スウェーデンやデンマークのマクドナルドが美味しいと感じる理由

mac1

ヨーロッパのマクドナルドで食べたところ「アメリカや日本よりも美味しい」と感じている人が多いそうです。マクドナルドは世界のどの店舗で食べても「同クオリティの同じ味」というのが特徴であり長所でもありますが、実は微妙に味に違いがあります。

・チーズが本格的である
たとえば、スウェーデンやデンマーク、フランスなどでよく言われるのが「チーズバーガーが美味しい」というもの。これには理由があるとすれば、パンを美味しく焼ける環境にあること、チーズが本格的であること、そのふたつが大きいと思われます。

mac3

mac2

・極まったクオリティ
ヨーロッパはどこの地域よりもパンを極めています。それゆえ、環境もスキルも、他の地域より格段に上なのです。また、パンが食材(具)に与える作用も数百年の歴史から編み出されているわけで、ハンバーガーひとつにしても、極まったクオリティなのです。

・マクドナルドでチーズ入りの料理
それはチーズにもいえて、チーズの美味しさに対する最低基準はアメリカや日本より上なのです。「本場が美味しい」をまさに証明しているわけですね。皆さんも、スウェーデンやデンマークに行った際は、マクドナルドでチーズ入りの料理を食べてみてはいかが?

もっと詳しく読む: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com/2015/10/16/mc/

Photrip

フォトリップの最新情報を受け取る