【香港ホテル】世界一ミニマリストなスタイリッシュホテル「TUVE」に泊まってみた! 良い意味でヤバイ(笑)

008

香港島にあるホテル「TUVE」。世界を旅しても「心からオススメしたい!」と思えるホテルは少ないものですが、今回はとても斬新で素晴らしいホテルだったのでご紹介したいと思います。

・昨年9月オープン後、話題沸騰のホテル
「スウェーデンにあるTube湖の醸し出す、ミステリアスで暖かい雰囲気にインスパイアされてデザインした」というこのホテルは、昨年9月にオープン。MTRの天后(ティンハウ)駅のA1出口から歩いて約3~4分のところにあります。

12

1Fには日本人シェフによる和を取りれたモダン料理レストランが入っていて、すぐわかります……と言いたいところですが、グーグルマップ片手に向かってもほとんどの人は迷うことでしょう。

というのも、ホテル“TUVE”のコンセプトは「minimum(ミニマム)」。つまりミニマリズムを具現化した、とことんスタイリッシュなホテルだからです!

11
(外観)

・シンプルイズベストなロビー
パッと見、工場か何か?と見まごうような建物左手の扉を開け、コンクリート壁の廊下を通って、エレベーターでロビーでチェックイン。このロビーがまた斬新! なんと、薄暗い空間に大きな石造りのどっしりしたテーブル、その上にはブロンズ色のオブジェがポツンとひとつ……。

お、おされすぎる!(画像はそのままだと暗すぎたので明るめに調整してあります)

7

8

ちなみにオブジェの中には何かが入っているので、ぜひ確認してみて。

揃ってモダンなグレーのパンツスーツを着用したスタッフからカードキーを受け取って(これまたブランドバッグについてくるギャランティカードそっくり)いよいよチェックイン!

2

15

・部屋が見つからない!
と……あ、あれ? 部屋がない! 言われたとおりの階で降りたのに部屋がない! 正確には部屋番号がどこにも書いていない!!

真っ白な廊下に一人たたずみ、軽くパニクる記者。右往左往しつつ、フッと上を見上げる……。

16

これはもしや!? なんと天井に部屋番号(らしきもの)が(小さく)書いてあるではないですか! おそるおそるカードキーをかざすと、開きました!無事に入室できましたよ! なぜ部屋番号がドアではなく壁でもなく、天井に書かれてあるのか?

おそらく気鋭のデザイナーだけが知る「美しいデザイン上の何か」のためなのでしょう。しかし、“TUVE”トラップはまだ続きます。

10

・まさにミニマリズムの極致
画像はプレミアムルームですが、シングル用のコンフォートルームでも申し分のないベッドの広さ。真っ白な壁に真っ白なシーツ、色味は木と大理石のみ。どこにも余計な情報のないスタイリッシュで清潔な部屋は、ミニマリストが泣いて喜びそうな空間です。

アメニティはFresh社製で、どちらかというと男性的でマニッシュな雰囲気の部屋との対比をはかる意味で、女性らしいブランドにこだわったそう。

17

9

3

1

疲れたし水でも飲むか、と棚を開け……あれ? 今度は棚がない! どこにもない! またもパニクり、今度はカラッカラの喉で部屋の中を大捜索。

ミニマムなだけあって、部屋にあるものといえばベッドとデスク&チェアセットのみ。バスルームやクローゼットもくまなく探すも、あるはずの水やコップ、コーヒーセットがない。

待てよ、よく見たらデスクがやたら大きいぞ? あちこち触っていると、あっと驚くところがオープン! なんと隠し扉のようになっていて、水やコップ一式の入った棚が魔法のように出現(ちなみに同行のN記者は、水を探し当てるまでに小一時間かかったそう)。

4

5

6

13

・余計なものが何もない
さらにはドライヤーが見つからず、濡れた頭で部屋の中を行ったり来たり……。「TUVE」のデザイナー、色々と隠しすぎ! だがそれがイイ!

しかし余計なものが何もない、目に入らない、というのは慣れれば実に快適。もちろんWi-Fi環境も整っており、デスク上にある電話は街歩き用のハンディフォンにもなるというから便利です。

どの部屋にも“隠し扉”があり、それぞれ形や用途が違うというのも面白いところ。備え付けのコーヒーやスナックも、それぞれこだわりのあるオリジナルブランドです。

003

料金はコンフォート(シングル)が800香港ドル~、デラックス(ダブル)で1500香港ドル~と、わりとリーズナブル。なお一番高いプレミアムルームの壁には、なんとプロダクトデザインを専門に扱うオーナー自ら貼りつけたという金箔が!

もしあなたが香港旅行に行くならば、ミステリアスでスタイリッシュなホテルで「宿泊観光」してみてはいかが?

もっと詳しく読む: 世界一ミニマリストなスタイリッシュホテルTUVE(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/08/04/hongkong-tuve/

TUVE(チューブ)
住所: 16 Tsing Fung Street Tin Hau HONG KONG
時間: 24時間
休日: 無休
http://www.tuve.hk/philosophy/

16 Tsing Fung Street Tin Hau HONG KONG
Google Mapで開く

Photrip

フォトリップの最新情報を受け取る