【衝撃事実】ドイツ・ベルリンの壁には「日本への迂回路」が存在する

japan-dh

ドイツの歴史的な建造物のひとつに、ベルリンの壁があります。現在は崩壊し、誰もが東と西を行き来することができますが、かつては大変な悲劇を呼んだ壁でもあるのです。

そのベルリンの壁には、「日本への迂回路」が存在するのをご存知でしたか? 実際に行ってみないとわからない、マスコミが報じない事実がそこにあるのです。それは、日本に対するドイツからの「愛」の表現でもあるのです。

kabe1

kabe2

kabe5

kabe4

kabe3

japan-dh

いったいどういうことなのか、実際にベルリンの壁に出向いて本当に「日本への迂回路」があるのか確かめてみました。ベルリンは、ドイツのなかでも東ヨーロッパに近い位置にる都市です。日本人観光客はフランクフルトやミュンヘン、ハンブルグに行くことが多いようですが、ベルリンは歴史的建造物が残る都市として重要な地区です。

ベルリンの壁は非常に長く、そして所々が破壊されて、門ができています。ベルリンの壁に沿って川が流れており、場所にもよりますが、夏場は川で日光浴をするドイツ人で溢れます。このベルリンの壁をくまなく探したところ、本当に「日本への迂回路」がありました。

ベルリンの壁の一部に「日本地区への迂回路」と書かれたポイントがあり、五重塔、太陽、富士山が描かれていました。戦争当時のドイツ人や日本人は、まさか壁にこののような絵画や文字が書かれるとは思ってもいなかったでしょう。

kabe6

kabe7

もっと詳しく読む: ドイツ・ベルリンの壁には「日本への迂回路」が存在する(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/12/02/berliner-mauer/

Photrip

フォトリップの最新情報を受け取る