日本に住んでいたインド人が語る「本当に本格的な日本のインド料理店の見分け方」

hongkong-curry7

日本人はインド料理が大好きです。特にインドカレーと呼ばれている、香辛料と食材を煮たり焼いたりした料理は、インド料理の代表的な料理として日本で愛されています(インドにはインドカレーという名称の料理は存在しませんが)。

・日本でインド料理店をやるためのノウハウ
日本には数多くのインド料理店がありますし、いま現在も、どんどん増えています。一説によると、インド料理店の背後には「インド料理店を日本でやりたいインド人のための連合」のようなものがあり、日本でインド料理店をやるためのノウハウや人材をインド人に提供しているという話もありますが、今回はその話ではありません。

・ラッシーを手作りしている
インドに住む「日本に住んでいた事があるインド人」から聞いた話なのですが、実は「本格的な日本のインド料理店の見分け方」があるそうなのです。それは、ラッシー。本当に現地の味を提供したいと思っている「こだわりのインド料理店」は、ラッシーを手作りしているそうなのです。

・通のヨーグルトドリンクを出している店
ラッシーを手作りすること。それはインド料理店にとって基本中の基本らしいのですが、日本では安価てヨーグルトドリンクが手に入りますし、業務用のものも存在することから、ラッシーという名称ではあるものの、日本で売っている普通のヨーグルトドリンクを出している場合があるのだそうです。

・客を騙している事にはならない?
「ラッシー=ヨーグルトドリンク」という考え方もありますし、ジャンルとしては間違っていないので、たとえ日本で売っているヨーグルトドリンクをラッシーとして販売していても、客を騙している事にはならないでしょう。悪質というわけではないし、それが常識と考えている店があっても何らおかしくありません。ラッシーのコストを下げて、客が買いやすくしている優良店かもしれません。

・手作りのラッシーを飲みたい
改めて言いますが、この話は、あくまでインドに住む「日本に住んでいた事があるインド人」から聞いた話です。個人的な印象ですが、やはり手作りのラッシーを飲みたいと思ってしまうので、近くに手作りラッシーのインド料理店と、既製品ラッシーのインド料理店があったら、手作りラッシーのほうに行ってしまうかもしれません。カレーが美味しければですが(笑)。

もっと詳しく読む: 本当に本格的な日本のインド料理店の見分け方(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/12/24/india-curry-umai/

Photrip

フォトリップの最新情報を受け取る