【緊急事態】中国での Google Twitter Facebook Instagram の利用がほぼ不可能に / さらなる鎖国へ

china2

本来ならば、中華人民共和国(中国)では、インターネットを利用することができても「Google」「Twitter」「Facebook」「Instagram」などの外資系SNSの利用ができない。しかし通常の接続方法とは違う「VPN」(バーチャル プライベート ネットワーク)という接続方法を利用することにより、それらのSNSを利用することができる状況下にあった。

・継続して規制は続く
そんななか、中国政府がVPNの利用規制を開始。順次、VPNを利用できないようにし、中国国内から「ほぼ完全に主要な外資系SNSへのアクセスができなくなる」という。この規制はすでに開始されおり、取り締まり強化期間は2018年3月31日まで続くとのこと。さらにそれ以降もVPNの利用が解禁されるという事はなく、継続して規制は続く。

china1

<今まで>
中国インターネット → 外資系SNS ×
中国VPNインターネット → 外資系SNS 〇

<これから>
中国インターネット → 外資系SNS ×
中国VPNインターネット → 外資系SNS ×

・困惑する中国人たち
確かに、かなり前から中国国内から「Google」や「Twitter」などにアクセスすることができなかった。外国人旅行者も、中国を旅行する際はメールサービスなどに規制が入るため、いつも使用しているSNSが使えないなど、不便なことが多々あった。中国人たちは「情報の自由」を求めVPNを駆使するなどして外資系SNSにアクセスしていたが、それもできなくなるという事になる。

・人工衛星を利用したインターネット
しかし、VPNが使用できない状態でも、中国国内から好きなインターネットサイトやサービスを利用する方法がある。それは、人工衛星を利用したインターネットアクセスを利用する方法だ。費用はかかるるが、中国政府の規制をスルーできるため、その手段を選ぶ富裕層の中国人は少なくなと思われる。

もっと詳しく読む: 中国での「Google」「Facebook」「Twitter」の利用がほぼ不可能に / さらなる鎖国へ(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2017/01/25/china-vpn-sns-end/

Photrip

フォトリップの最新情報を受け取る