マンダリン オリエンタル パリがアートなバー「Red Garden」を営業中 / 東京をテーマにしたオリエンタルなカクテルも

oaris1

9月16日まで、マンダリン オリエンタル パリの中庭に、アートなポップアップバー「Red Garden(レッド・ガーデン)」がオープンしています。クリエイティビティ溢れるシグネチャーカクテルが提供されていて、中には東京をテーマにしたものもあるのだとか。

・どこまでもラグジュアリー
マンダリン オリエンタル パリが位置するのは、世界のトップブランドが軒を連ねるパリの一等地、サントノーレ通り沿い。「Red Garden」はその敷地内の中庭にて営業されているようで、想像するだけでもラグジュアリーな空気感です。

・造園家によるアート作品
このバーの見どころは、世界屈指の造園家、クリストフ・ゴートラン氏が手掛けたアート作品。9月に開催される「パリ・デザインウィーク」の屋外アート作品の1つにも登録されています。

どういった作品かというと、中庭にある長細い鏡の池の上に、長さ14mもの樹木を水平に配置。真っ赤なコードとイギリス産ジン「タンカレー」のボトルで大胆にデコレーションしたアート・インスタレーションとのこと。

paris2

・東京がテーマのカクテル
同じく「タンカレー」をベースにした5種類の期間限定カクテルも用意。そのうち2つは東京がテーマで、パクチーやパプリカなどを組み合わせる「トウキョウアイット・ジュレップ」も、コニャックや梅酒で作る「新宿ストリート」も、どちらもオリエンタルな風味を堪能できそう。

・宿泊するならスイートルーム?
なお、マンダリン オリエンタル パリによると、「Red Garden」や「パリ・デザインウィーク」を訪れるなら、最高級のラグジュアリースイートに宿泊するのがおすすめ。各スイートは75平方メートルの広さのルーフトップテラスとラウンジ、ダイニングルーム、スパから構成されていて、贅沢なプライベート空間を確保できます。

「テラス スイート」の1泊レートは2900ユーロ(約36万2130円)~、「ロワイヤル オリエンタル スイート」の1泊レートは1万5000ユーロ(約187万4000円)~。アートをこの上なくリッチに楽しむ、とびきり極上の旅をしたいならアリかも?

もっと詳しく読む: マンダリン オリエンタル パリがアートなバー「Red Garden」を営業中 / 東京をテーマにしたオリエンタルなカクテルも(Photrip フォトリップ)http://photrip-guide.com/2017/07/28/mandarin-oriental-redgarden/

Photrip

フォトリップの最新情報を受け取る