【革命】日本初の泊まれる公園「INN THE PARK」がオープン! 森に浮かぶ球体テントが幻想的

shizuoka1

10月7日、静岡県沼津市に日本初の泊まれる公園「INN THE PARK(イン・ザ・パーク)」がグランドオープン。それに先駆けてブランドサイトが開設され、ただいま宿泊予約を受け付けています。

・公園に泊まれる
敷地面積9000平方メートルの「INN THE PARK」は、今年3月に運営を終了した「沼津市立少年自然の家」跡地を活用した公園一体型宿泊施設。宿泊、飲食、自然体験アクティビティの3つの要素を組み合わせた、快適性とエンタメ性を併せ持つスポットだそうです。

shizuoka2

・森の中に宿泊!?
内装をリノベーションしたという宿泊棟は、ゆったりと滞在できる工夫が随所に散りばめられているとのこと。また、森の中に球体型ドームテント3棟と球体型吊りテント1棟を新設。自然との一体感と、まさに公園に宿泊している気分を存分に味わえるはず!

・体験型アクティビティも!
管理棟だった建物は改修され、サロンとカフェ(予定)に。宿泊者への食事提供のほか、将来的には一般開放も計画されているのだとか。

自然体験アクティビティとしては、「沼津市立少年自然の家」から引き続き星空観察、野草・山菜の採取調理、昆虫採集などを用意。それだけでなく、写真教室やヨガ、アロマなどのワークショップも開催されるもよう。

さらに、地元生産者と連携したマルシェ、飲食店と連携したケータリングイベントや料理教室なども予定されているようです。

shizuoka3

・大人もファミリーも満足
宿泊料金は、1棟貸切の宿泊棟(定員8名)が5万円(税抜)、球体型ドームテント(定員2名)が1万6000円(税抜)、球体型吊りテントが2万円(税抜)。食事は別料金で夕・朝食で一人5000円(税抜)となっています。

森の中にある球体型のテントだなんて、なんだか絵本の中に迷い込んだみたいでファンタジック。大人だけでもファミリーでも大満足できるのではないでしょうか。今後、移動式カフェが登場したり、芝生広場でイベントが開催されたりもするらしく、そちらも楽しみです!

もっと詳しく読む: 日本で初めての泊まれる公園「INN THE PARK」がオープンするよ / 森の中に浮かぶ球体型のテントがファンタジックです!(Photrip フォトリップ)http://photrip-guide.com/2017/09/27/numadu-inn-the-park/

Photrip

フォトリップの最新情報を受け取る