【話題】人気カレー店モンスナックが閉店 / 完全閉店か移転かは未定「またここに戻ってきたい気持ちはある」

モンスナックは人気のカレースタンドだ。JR新宿駅から徒歩3分ほどに位置する「紀伊國屋書店 新宿本店」の地下街で営業しており、ランチタイムや帰宅時間等になると行列ができることもある。が、いま現在は、ずっと行列ができている状態だ。モンスナックが「閉店する」との情報が流れているためだろう。

・モンスナックだけの美味しさ

モンスナックは1964年創業で、ずっと同じ場所で、ずっと同じ製法でカレーを作り、そして多くの人たちが食べ続けてきた。新宿駅前はグルメ激戦区。そんな場所で約57年間も営業し続けられていたのは「モンスナックだけの美味しさ」があったから。そしてその美味しさは、創業者を含むすべての店員さんの努力の賜物だろう。




・カツカレーはトンカツが品切れになるほど人気

そんなモンスナックが閉店してしまうというのだから、ファンも、そうでない人もモンスナックのカレーを求めて行列に並ぶのは当然だろう。ここのカレーはどれも安定の美味しさだ。どこか家庭的な印象を含みつつも、スパイスをしっかり感じるサラサラとしたカレー。揚げ物をトッピングするのが人気で、特にカツカレーはトンカツが品切れになるほどの人気っぷり。

・カレーバターライスも常連に好評

カレーライスではなく、チキン2本付きのカレーバターライスも常連に好評。あくまで個人的なオススメだが、とりあえずオーダーしてほしいのはカツカレーまたはカレーバターライス。

カツカレーはゆで卵とチーズをトッピングすると美味しさの幅が広がるし、濃厚なコクが楽しめる。カレーバターライスはテーブルに並んでいる福神漬けなどの漬物を複数のせ、タバスコをかけて食べるとスパイスの旨味が引き立つ。やはりゆで卵トッピングも欠かせない。




・同じ場所でモンスナックの新章が始まるかも

お店に閉店について聞いたところ、ビルの解体によって閉店するのは事実。その後、移転するか、完全閉店するかは決まっていないという。しかし「またここに戻ってきたい気持ちはある」と話していた。

ビルがなくなり、また新たなビルが建てられたのち、同じ場所でモンスナックの新章が始まるかもしれない。ファンとしては、仮店舗に移転からの新ビルでの再開が最高パターンなのだが……。それが実現することを強く祈っている。


もっと詳しく読む: 【話題】人気カレー店モンスナックが閉店 / 完全閉店か移転かは未定「また戻ってきたい気持ちはある」(Photrip フォトリップ) https://photrip-guide.com/2021/06/11/shinjuku-mon-snack-curry/


クドウ: ガジェット通信、ロケットニュース24、Pouchの初代編集長で創設者。TVチャンピオン「焼肉王選手権」「デカ盛り王選手権」に出場しどちらも準優勝。日清公認のどん兵衛士の称号を得ており、どん兵衛とラーメン二郎要素を融合させた「どん二郎」のネーミング等を考案。空条海苔助の名義で「世にも微妙なグルメレストラン」「彦龍のノリヒコさん」などを出版するB級グルメ研究家で「月曜から夜ふかし」などにも出演。イタリアピザの旅。昭和的な「個人経営の焼肉屋」をめぐる旅をする焼肉マニア。秘境ドローンカメラマンで秘境グルメマニア。

Photrip

フォトリップの最新情報を受け取る